top of page

パーソナルセッション・メンターコーチングに関する共通のご案内



取り組みの目的

 

Live the Life

awaiの取り組みの目的はあなたが「いのちを生きる」ことです

「いのちを生きる」ことに向けて、次の3つのことを後押しします。



いのちを生きるプロセスで実践すること

・自己発見:さまざまな自分と深く出会うこと

・自己受容:さまざまな自分を受け止めること

・自己解放:これまでの自分が手放されていくこと




さらにこれらの実践ができるための十分な内的・外的なスペースを確保するための取り組みも実践・ご提案します。

「いのちを生きる」プロセスで経験していくこと

・全体性や本来性の発揮:感性や個性の解放

・人生の変容期の葛藤や衝突を乗り越える:慣習や信念からの解放と自己や他者との調和

・プロフェッショナルとしての成長と人としての成長の統合

・パフォーマンスや日々の充足感の向上 など



取り組みをご活用いただくタイミング

 

Transition in your Life & Profession

awai の取り組みは人生全体やプロフェッショナルとしての変容の時期にご活用いただくことがおすすめです。


人生の中では少なくとも1度か2度、人によってはさらに幾度かの大きな変容期を体験します。


変容期は外的な大きな変化を伴う場合もありますが、必ずしもドラマティックなものとは限りません。 むしろ、同じ仕事を続ける中で自分自身の感覚が変化してきたり、日常の中で感じることが少しずつ変わっていったり、見た目の変化はとても地味だったりもします。 そんな中、この変容のプロセスではこれまで持ってきた価値観や成功の指標などが手放され、新しい価値観や指標を獲得していくことになります。 それに伴って人間関係にも大きな変化や衝突が起こる場合があります。 そのため、変容のプロセスでは葛藤や痛みを感じることが多くなります。


awaiの取り組みはそんな変容期特有の葛藤や痛みを深い自己理解の機会とし、その後迎える新たなステージの土台としていくための機会です。


これまでの延長線上の成長や能力の向上、パフォーマンスアップ、目標達成ではなく、質的変化の伴った変容に取り組んでいきたいと感じられたタイミングでご活用ください。



ご一緒する変容の旅路のパートナー

 

あなたとあなたの関わる人たちが「ともにいのちを生きる」ことに向けて、言葉と言葉にならないものに共に向き合っていきます。





佐藤 草|Sou Satoh

全体性や本来性の発揮支援の実務家 オランダ人のパートナーとともに暮らしています。

現在は佐賀・嬉野でのセルフリノベーションをおやすみし、バリ島ウブド滞在中

九州大学工学部交通システム工学研究室卒業

株式会社コーチ・エィにてビジネスコーチとして組織開発に従事独立後、様々な流派のコーチングやマインドフルネス・心理学等を学び2017年渡欧

2018年オランダにてawaiを設立 ICF PCC(国際コーチング連盟 プロフェッショナル認定コーチ)


ライフスタイル

  1. まずは自分を大切に 自分自身が満たされた状態でいられるよう、のんびり過ごす時間やパートナーとの時間を大切にしています。スケジュールに常に十分な余白があるよう、本当に必要なことにのみ取り組んでいます。

  2. こころもからだもととのえて 身体や意識がクリアな状態でちょっとした違和感や変化を感じられるよう、食事の時間や内容に気を配っています。

  3. 自分自身に向き合い続ける セッションの時間を真にクライアントの深い部分と向き合うことのできると時間にできるよう、私自身が二人のコーチを付け自分の考えや恐れにとらわれない状態をつくっています。

  4. 実際の空間でご一緒するように コーチングはオンラインで、音声のみで行います。クライアントに見えずとも、コーチ自身ががどのような空間に身を置くかも、クライアントの意識に大きく影響を与えます。実際にお越しいただくのと同じように、常に場をととのえてセッションを設けています。

詳しい自己紹介や実績はこちら



「いのちの声を聴く」を後押しする力

 

コーチとしてさまざまなトレーニングと実践を積み、また自分をととのえ、感性を発揮することに取り組む中で、次の3つの力が強く発揮されるようになりました。


・広い意識空間をホールドする力

・言葉にならない声や微かなニュアンスをキャッチする力

・対立や葛藤を生んでいるさまざまな声を聴くための対話をする力







これらを生かし、あなたの「いのちの声を聴く」ことにご一緒していきます。


大切にしている考え方

以下のことを人間観の柱とし、人生の旅路にご一緒しています。

・自分にとって大切なものは何か、それぞれの人が知っている ・必要なことは既に備わっている、発揮されることを待っている ・まだ言葉になっていないことがある、言葉にできないこともある ・成長や変化には一人一人に適したスピードやタイミングがある


大切にしている在り方
  1. あなた全体、あなた自身に伴走する 組織や社会、世界に変化を起こしていこうとするときも、その起点となるのはあなた自身です。そして、あなたは、現在の組織内での立場や目標だけでなく、あなた自身のこれまで過ごしてきた時間やこれから創っていく時間、あなた自身のビジョンや使命と繋がる存在です。私は「あなた全体」を扱い、「あなた自身」に伴走していきます。

  2. 本質的な変化にじっくりと向き合う 目の前の課題を解決することではなく、課題を生み出していくあなた自身に変化を起こすこと。これまで無意識で続けてきた慣習に気づき、それを意識的に変化させていくこと。自分自身と深く繋がること。これらを無理やり速いスピードで押し進めようとすると全体のバランスが崩れてしまいます。今のあなたをしっかりと味わうことを通じて、本来持っている力を発揮することを後押しします。

  3. 内面世界と現実世界にともに向き合う 私たちの持っている力は、現実の課題に向き合い、取り組むことによって発揮されていきます。内面世界の探究は、それだけに目を向けると、ともすれば現実世界との溝を深めてしまうことにもなりかねません。内面探究を目的化せず、現実世界に自ら関わり、直面している課題に向き合い、現実を変化させていくことに取り組むことを大切にしています。

さらに詳しいプロフィール等はこちら



セッションに対する考え方に関することでお話ししている動画はこちら▼



「Next Voice:声のプロコース for Coach」に参加させていただいた際の対談動画です


取り組みについて

 

変容期にいらっしゃる方に向けた2つの取り組みをご用意しております



人生の変容期にいらっしゃる方・ いのちの声を聴いていのちを生きたい方に




コーチとして変容の時期を迎えている方に

ICF資格申請・更新のためのメンターコーチングとしても活用いただけます





その他のご案内
その他セッションに関するご案内はこちらに記載しております。
キャンセル規定等もございますので、コース開始前に必ずご確認ください。



オリエンテーションのお申し込みはこちら




bottom of page